佐野眞一の経歴と学歴と著書は?家族は?橋下徹を批判!週刊朝日の連載の真相とは?

Sponsored Link


ノンフィクション作家の佐野 眞一(さの しんいち)さんが大阪市市長の橋下徹市長を痛烈批判!

日本維新の会の橋下氏の人格について批判的な記事内容の連載「ハシシタ 奴の本性」を週刊朝日にて10月26日号よりスタートさせて話題になってます!

いったいなぜ?この時期に連載を始めたのか?政治的意図があるのか?また佐野眞一氏の学歴や出身高校や職歴また家族構成など調べてみました。また彼の有名な著書も紹介・・・

 

経歴と学歴

東京都出身で高校は都立墨田川高校を卒業する。

そして早稲田大学第二文学部社会専修入学し卒業。

就職は今は無き日本の中堅出版社、勁文社(けいぶんしゃ)に入社。

そしてフリーライターを目指すべく退社して独立し現在はノンフィクション作家として活躍中です。

 

主な著書

・カリスマ-中内功とダイエーの「戦後」

・東電OL殺人事件

・小泉純一郎-血脈の王朝、鳩山一族-その金脈と血脈

・あんぽん-孫正義伝・・・などが有名です。

 

佐野眞一の家族構成は不明でした。結婚されているのか、お子さんはいるのか?孫はいるのか?愛人は?謎です。

 

彼の著書は数々の事件や有名人をターゲットにノンフィクションで描かれており、今回は橋下徹さんのファミリーや家族、血族の関係などまた人格を否定した記事を連載されるみたいです。

今最も未来の首相になって欲しい橋下市長にとってはかなりの痛手を負うのでは、佐野氏の発言、リークで影響を受けるのは間違いなさそうですね。

今回の連載には政治的な力は働いてなさそうで、佐野さん自信が橋下徹の本性を世間に暴露する!とゆう意味合いで連載されるみたいです。

 

 

私自身、橋下さんを応援している一人なので、週刊朝日「ハシシタ 奴の本性」の購読をしようと思います。

また佐野氏の描く記事は嘘や偽りがあるようには思いません!ノンフィクション作家って何か使命感で記事を書かれてる様に思います。

また過去に出版している著書も数冊読んでみて、その事件や真相などを照らし合わせて、自分自身で判断してみます!

Sponsored Link

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年10月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:男性有名人

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ