日ハム吉井理人コーチ 解任 理由は?栗山監督との確執の真相は?

Sponsored Link


惜しくも日本シリーズ優勝を逃した日本ハムファイターズ。このチームの強さは本物でした!しかし、ある問題が日ハムを支えてきた吉井理人投手コーチ、清水雅治外野守備走塁コーチが退団なのだが、吉井投手コーチ以外は他球団に移籍が決定。
その実質上、解雇された吉井元コーチと栗山監督との間に確執が浮上!

急なタイミングで吉井理人の解任!監督との意見の違いでここまでの処分を下すのか?
いったい何が原因なのか?日本シリーズで敗戦したことが理由なのか?真相に迫りたいと思います!

 

メジャーへ挑戦後は日本へ帰国してオリックスとロッテで投げていたのだが2008年3月11日に引退。
その後は日ハムの投手コーチとして2008~2012年11月4日まで務める。

 

コーチを辞めた理由は「栗山監督と合わない!」
理由はそれだけ!シンプル・・・

今回の件で過去の仰木監督との衝突事件が蘇りました。私が意見できる立場ではないのですが、吉井理人さんって自分の意見を絶対曲げないタイプだし
それが上司、監督であっても納得いかなければ自分の損得を考えないタイプだと思います。

私はそんな彼の曲げない性格は好きです。

彼も自分自身でこう行ってますね「オレは世渡り下手だから…」
自分でも解っているんですね。

 

でもその性格ではチームワークが命の野球では上手くいかないと思います。
その点、栗山監督は非常に選手やスタッフとのコミュニケーションがお上手ですね。

 

こうゆう方がチームを指揮した方がチームもまとまりが出て優勝を狙えますね。実際、ペナントでは優勝してますし・・

 

真相はやはり日本シリーズでの投手起用で二人が揉めたんでしょうね。
重要な場面での投手起用は本当に大事ですから、その点は吉井コーチの意見が尊重されなかったのではないでしょうか?

Sponsored Link

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせてに読みたい関連記事

タグ

2012年11月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スポーツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ